平成27年度介護保険制度改正のお知らせ

特別養護老人ホームの入所基準が変わりました。(平成27年4月から)

特別養護老人ホームへの新規入所は、原則として要介護3以上の方が対象となります。
(既に入所されている方は対象外)

要介護1または要介護2の方は特定の理由に該当する場合を除き、原則対象外となります。

一定以上の所得がある65歳以上の方は利用者負担が2割になります。(平成27年8月から)

一定以上の所得(本人の合計所得金額が160万円以上で、同一世帯の65歳以上の方の年金収入とその他の合計所得金額が2人以上世帯で346万円以上、単身世帯で280万円以上)がある65歳以上の方が介護サービスを利用したときは、利用者負担が1割から2割に変更になります。

要介護(要支援)認定を受けている方には、負担割合(1割か2割)が記載された「介護保険負担割合証」を7月末(予定)に郵送します。8月以降に介護サービスを利用するときは、介護保険被保険者証と併せてサービス提供事業所に提示してください。

 

低所得の施設利用者の食費・居住費の適用要件が変わります。(平成27年8月から)

低所得の施設利用者のうち、配偶者が市民税課税者である場合、または預貯金が等が一定額(単身1,000万円、夫婦2,000万円)を超える場合は、食費・居住費の補助はありません。

高額介護サービス費等の上限額が一部見直されます。(平成27年8月から)

高額介護サービス費等の利用者負担段階区分に「現役並み所得者」が新設されます。同一世帯に課税所得145万円以上の65歳以上の方がいて、世帯内の65歳以上の方の収入が単身世帯383万円以上、2人以上世帯520万円以上の方が対象となります。

お問い合わせ

高齢介護課(1階8番窓口)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。