不審な電話等が多発しています

不審な電話や還付金詐欺事件等が多発しています。

 大阪府内全域において、後期高齢者医療広域連合や市町村、社会保険事務所の職員を名乗り、医療費の還付金を装って現金自動預け払い機(ATM)等を利用してお金を振り込ませようとする不審な電話や、被保険者宅を訪問して被保険者証やキャッシュカード等を詐取しようとする事件が多発しており、実際に電話の指示により現金を振り込んで詐欺被害に遭った事件や被保険者証を詐取される事案も発生しています。

その際、金融機関の職員が常駐していないコンビニエンスストアやスーパーに設置されている現金自動預け払い機(ATM)を操作させる事例が数多く報告されていますのでご注意ください。

医療費の還付金の受取りなどについて、電話や訪問により現金自動預け払い機(ATM)の利用を促すことや銀行の口座番号・暗証番号をお伺いすること、健康保険証やキャッシュカードをお預かりすることは一切ありませんのでご注意下さい。

不審に感じたら、すぐに指示に従わず、いったん通話を切り、最寄りの警察や市役所高齢介護課に電話するなどの確認をしてください。

お問い合わせ
高齢介護課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。