あしゆび体幹体操

一般社団法人JAPAN体幹バランス指導者協会代表 木場克己監修「あしゆび体幹体操」が完成しました。

この体操のポイントは、足ゆびから足裏の筋力と、足首周りの筋腱を鍛えます。この体操で足ゆびの力と体幹バランスを強化することで、転倒や大きな怪我の予防を担っています。

「転ばぬ先のあしゆびケア」、「おづみんあしゆび体操」、「あしゆび体幹体操」を試し身体の状態に合った「あしゆび体操」を始めてみませんか。しっかり踏ん張れる足、転びにくい身体で健康寿命を延ばしましょう。

木場克己 Katumi Koba 

 

1965年鹿児島生まれ。

1995年から2002年までFC東京のヘッドトレーナーを務めながら、他のスポーツ選手の治療やトレーニングにも携わる。

2010年から2012年までサンフレッチェ広島ユースのコンディショニングアドバイザー。

2016年からガンバ大阪ユースのトレーニングコンディショニングアドバイザーも務める。

長友佑都選手(スュペル・リグ・ガラタサライ)

金崎夢生選手(Jリーグ サガン鳥栖)の個人トレーナーも務めている。

日本郵政グループ女子陸上も、KOBA式体幹バランストレーニングに取り組んでいる。

 

KOBAオフィシャルホームページ http://kobakatsumi.jp/

体操時の注意事項

・運動後は筋肉痛が出る場合があります。しっかり体を休めてください。

・バランスを崩しやすい運動もあります。転倒の不安がある場合は(椅子の背もたれや、壁など)近くに支えを用意しましょう。

・運動によって生じる痛みは個々それぞれに違います。無理せず自分のペースで行いましょう。

あしゆび体幹体操【初級】

あしゆび体幹体操【初級】(5分43秒)

あしゆび体幹体操【中級】

あしゆび体幹体操【中級】(5分34秒)

あしゆび体幹体操【上級】

あしゆび体幹体操【上級】(6分21秒)

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。