平成30年4月から子ども医療費助成制度の対象年齢を拡大します

通院医療費助成について中学3年生修了まで拡大します。

子育て支援の充実をはかるため、子ども医療費の通院医療費の助成対象を小学校6年生修了から中学校3年生修了まで拡充します。

これにともない、現在子ども医療証をお持ちの方には新しい医療証(ベージュ色)を、新たに助成制度の対象となる見込の方に対しては、医療証交付手続きについての案内をお送りしますので、手続きをお願いします。

医療証発行の手続きについて

【医療証発行の手続き】

◇新中学2年生、新中学3年生の方(新たに対象となる方)

(生年月日:平成15年4月2日~平成17年4月1日)

 新規申請の案内を2月下旬に郵送しますので、確認の上手続をお願いします。お子さんの健康保険証の写しを添付して3月2日までに提出してください。申請書の提出がないと医療証は交付されません。締め切り後に提出すると、医療証の交付が遅れる場合があります。

◇0歳から新中学1年生までの方(既に医療証をお持ちの方)

(生年月日:平成17年4月2日~)

 3月下旬に新しい医療証(ベージュの用紙に黒色の印字)を郵送します。

※生活保護受給世帯・他の公費医療(ひとり親家庭医療、障がい者医療等)を受給する場合は子ども医療の助成対象にはなりません。

 

【平成30年4月子ども医療費助成制度改正点】

改正対応表
 

現行

30年4月1日より

入院

(食事療養費含)

中学3年生修了まで(15歳に達した日以後最初の3月31日まで)

中学3年生修了まで(15歳に達した日以後最初の3月31日まで)

現物給付

小6まで

現物給付

中1~中3

償還払い

通院

小学6年生修了まで(12歳に達した日以後最初の3月31日まで)

自己負担額

入通院とも1医療機関につき1日500円まで(月2日間負担、3日目以降無料)

※中1~中3(入院のみ)は償還払い

入通院とも1医療機関につき1日500円まで(月2日間負担、3日目以降無料)

医療証

小6まで

医療証あり (黄色)

受給者全員 医療証あり

(ベージュの用紙に黒色の印字)

中1~中3

医療証なし

※「現物給付」…医療機関に医療証と保険証を提示して、医療行為を受けること。

 「償還払い」…利用者が医療費を医療機関に一旦支払い、その後市の窓口に還付申請を行って費用の一部の払い戻しを受けること。

【平成30年4月からの医療費助成内容の変更点】

◇訪問看護ステーションが行う訪問看護が助成対象になります。

  助成内容は通院・入院と同様1訪問看護ステーションあたり1日につき500円

 (同じ月で最大2日まで)

 

◇精神病床への入院については助成対象外になります。

 (平成30年3月31日時点で障がい者医療・ひとり親家庭医療・老人医療(法別番号90の助成対象者をのぞく)・子ども医療の対象者については、経過措置として平成33年3月31日までは引き続き助成対象となります。)     

 

現在の子ども医療費助成制度についてはこちらをご確認ください。

 

お問い合わせ
こども未来課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか