令和元年10月からの給食費について

概要

 令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります。

 保育所・認定こども園・幼稚園に通う3歳児クラスから5歳歳児クラスのお子様については、保育料が0円となりますが、食事の提供に係る費用(給食費)については、自宅で子育てを行う場合も同様にかかる費用です。

 このため、保育所等を利用する保護者も、自ら自宅で子育てを行う保護者と同様に、その費用を負担することが原則となりますので、無償化後も引き続き、保護者の皆様のご負担となります。

副食費のご負担について

 保育所・認定こども園の長時間部をご利用の方につきましては、従来保育料の一部として徴収しておりました副食費(おかず・おやつ等の材料費)を主食費(ごはん・パン等主食の材料費)と併せて給食費として別途徴収することとなります。

 市内園所の10月以降の具体的な給食費の金額については、給食費一覧表のとおりです。

副食費の徴収免除について

 副食費については保育料の一部として徴収していたことから、無償化以前より保育料が無償であったり、低かった子ども分の副食費については、徴収を免除することとなります。

 具体的には、下記のいずれかに当てはまる子どもについては免除対象者となります。

 

<2号認定の場合>

 ・年収360万円未満相当の世帯(一般世帯の場合は市民税所得割額57,699円以下、ひとり親世帯・在宅障がい児(者)のいる世帯場合は77,100円以下)の子ども

 ・第3子以降の子ども(小学校就学前の子から数えて第3子)

 

<1号認定の場合>

 ・ 年収360万円未満相当の世帯(市民税所得割額77,100円以下)の子ども

 ・ 第3子以降の子ども(小学校3年生までの子から数えて第3子)

 

対象となる方につきましては、「副食費免除通知書」にて通知しております。

市内各園の副食費の金額については、給食費一覧表のとおりです。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。