子宮頸がん予防ワクチン

平成25年6月14日に開催された厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会において、「ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に特異的に見られたことから、この副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」とされ、厚生労働省により積極的な接種勧奨の一時差し止めが決定されました。現在も積極的な接種勧奨の差し控えが継続している状態です。

対象者

小学校6年生~高校1年生相当の女子

接種方法

3回接種です。

1~2か月の間隔をおいて接種し、その後6か月の間隔をおいて接種します。ワクチンの種類によって間隔は異なりますので接種時に接種医にご確認ください。

ヒトパピローマウイルス感染症について

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、ヒトにとって特別なウイルスではなく、多くのヒトが感染し、そしてその一部が発症します。100種類以上の遺伝子型がある中で、子宮頸がんに関連の高いタイプが16型、18型で、子宮頸がんの50~70%はこれらの型が原因です。HPVに感染しても多くの場合は自然に排除されますが、一部が数年から十数年をかけて子宮頸がんを発症します。子宮頸がんは20歳~40歳の若い世代で増加傾向にあるがんです。

ワクチンでHPV感染を防ぐとともに、子宮頸がん検診によって早期発見し、早期に治療することで多くのがんを防ぐことができます。泉大津市では20歳以上の女性の方は500円で子宮がん検診を受診できますので、詳細は保健センターまでお問い合わせください。

子宮頸がん予防ワクチンについて

国内で接種できる子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がん患者から最も多く検出されるHPV16型、HPV18型に対する抗体を含んでいる2価ワクチン(サーバリックス)と、尖圭コンジローマ等の原因ともなる6型、11型も加えた4価ワクチン(ガーダシル)があります。

HPV既感染者には有効性が低いことから、初回性交渉前の年齢層に接種することが推奨されています。

副反応について

下記「副反応が起こった場合について」をご参照ください。

実施場所

指定医療機関 (下記参照)

持ち物

母子健康手帳・子ども医療証および健康保険証

※予診票は、指定医療機関に備えています。

費用

無料

注意事項

 対象以外の接種は予防接種法に基づかない接種(任意接種)となり、万が一、健康被害を受けた場合は、「健康被害救済制度」の対象外となります。

「副反応が起こった場合について」をご参照ください。

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
〒595-0013 泉大津市宮町2番25号 健康推進課(保健センター)
電話番号:0725-33-8181 ファクス:0725-33-4543

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか