熱中症にご注意ください

 熱中症は、気温などの環境条件だけでなく、その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。急に暑くなった日や気温が高い日、気温が高くなくても湿度が高い日や風が弱い日は注意が必要です。また、子どもや高齢者だけでなく、肥満の人、体調の悪い人、持病のある人、暑さになれていない人も特に注意が必要です。

熱中症の症状(こんな症状があったら熱中症を疑いましょう)

軽度

 めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない

中度

 頭痛、吐き気、体がだるい、虚脱感

重度

 意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない・走れない

熱中症予防のポイント

○暑い日の屋外スポーツは、15分~20分ごとに休憩を取りましょう。

○体調の悪い日は不要の外出を控えましょう。

○外出時、直射日光を避けるため、日中は日傘や帽子を使いましょう。

○室内でも熱中症の危険があるため、室内での気温にも注意しましょう。

○休憩はこまめに取りましょう。

○水分補給をこまめに取りましょう。

○スポーツドリンクなどのイオンを含む飲料(塩分0.1~0.2%と表記のあるものがよい)を用意しましょう。飲み物の温度は、ほどよく冷えた5~15度がベスト。

○水分補給の量は体重の2%をめどに。(体重50kgの場合は1リットルが目安)

○運動前には、250mlから500mlを数回に分けて、運動中は約20分ごとに1口から200mlずつ飲みましょう。

子どもの熱中症予防

 しっかりと管理して、熱中症を予防しましょう。

一人で遊びに出かけるときは、以下のことを言い聞かせておきましょう。

○少しでも疲れたと感じたら、日の当たらない涼しい所で休むこと

○のどが渇いていなくても、外にいるときはなるべく飲み物を飲むこと

○気持ちが悪くなったら、周りにいる大人に早めに伝えること

関連リンク

お問い合わせ
〒595-0013 泉大津市宮町2番25号 健康推進課(保健センター)
電話番号:0725-33-8181 ファクス:0725-33-4543

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか