高額医療・高額介護合算制度

医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合、国民健康保険と介護保険の限度額をそれぞれ適用後に、合算して下記の限度額を超えたときには、申請いただきますと、その超えた金額を支給します。

合算する場合の自己負担限度額(年額・毎年8月~翌年7月)

70歳以上75歳未満の人の自己負担限度額(平成30年8月改正)

70歳以上75歳未満の人の自己負担限度額
現役並み所得者 3 (課税所得690万円以上) 212万円
現役並み所得者 2 (課税所得380万円以上) 141万円
現役並み所得者 1 (課税所得145万円以上) 67万円
一般(課税所得145万円未満等) 56万円
低所得者 2 31万円
低所得者 1 19万円

低所得2・・・同じ世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税世帯の人(低所得者1を除く)。

低所得1・・・同じ世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。

 

70歳未満の人の自己負担限度額

70歳未満の人の自己負担限度額
所得 901万円超 212万円
所得 600万円超 901万円以下 141万円
所得 210万円超 600万円以下 67万円
所得 210万円以下(住民税非課税世帯除く) 60万円
住民税非課税世帯 34万円

 

注意1 支給の対象となる被保険者には、お知らせをお送りする予定です。

お問い合わせ
保険年金課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか

※当フォームは、返信不可能のため、ご質問にはお答えすることができません。