「あき家×地域活性化」起業者募集

  起業支援と市内にある「あき家」や「あき店舗」を優れた地域資源として活用することを目的として事業者を募集します。

「カフェやこども食堂」、「地域の魅力を活かしたギャラリー」、「地域内外の方々が交流できるコミュニティスペースのあるゲストハウス」など

応募いただいた提案の中から優秀賞1点の表彰を行い、提案内容を実現にするための必要な経費の一部、最大250万円を補助します。

また、併せて「泉大津市創業支援事業補助金」で家賃の一部を補助しますので、詳しくは地域経済課へお問合せください。

詳細について、下記の募集要領をご覧ください。

募集内容

泉大津市のあき家又はあき店舗を活用した地域活性につながる提案

  1. 市内のあき家又はあき店舗を活用すること。
  2. 地域の活性化につながる取組みであること。
  3. 市外からの交流人口の増加、地域コミュニティの形成につながる取組みであること。
  4. 法人登記を行う場合には、本市内に本店所在地を登記すること、又は個人事業の場合は、本市内を所在地として開業届を提出すること。

募集資格

  1. 社会貢献等の目的を持って事業を実施しようとすること。
  2. 10年以上継続して事業を実施する意思があること。
  3. 政治活動及び宗教活動を目的としないこと。
  4. 市税の滞納がないこと。
  5. 暴力団、暴力団員又は暴力団密接関係者でないこと。

対象物件

本事業で活用するあき家又はあき店舗は、下記のすべての要件を満たす物件とし、申請者が準備すること。

  1. 本市域内に存するあき家又はあき店舗であること。
  2. 現に人が居住しておらず、原則として1年以上使用していないこと。
  3. 補助金の交付の対象となる工事等(以下「補助対象工事」という。)に、現に着手していないこと。
  4. 補助対象工事と同一の箇所の工事等に対して、申請日以前に国又は地方公共団体から補助を受けていないこと。
  5. 国又は地方公共団体が所有する建築物でないこと。
  6. 交付対象物件の所有者が事業が理解し、申請者が補助金の交付決定後速やかに補助対象工事に着手すること、本補助金の交付後10年以上継続して交付対象物件を使用することを約していること。

スケジュール等

コンペティションへの参加を希望される場合は、下記、「応募要領」をご覧になり必要書類を提出ください。

応募要領配布期間:平成30年3月26日から6月29日まで

相談受付期間:平成30年4月2日から6月15日まで

応募期間:平成30年6月1日から6月29日まで

よくある質問

質問1

応募用紙の書き方や内容について、よくわからない。

回答1

建築住宅課住宅政策係へ、電話話(0725-33-1131)、Eメール(kenchikujyuutaku@city.izumiotsu.osaka.jp)でお問い合わせください。

質問2

起業の構想を持っているが、どのように起業したらいいかわからない。

回答2

地域経済課へお問合せください。「創業・起業支援 ワンストップ窓口」を設けています。

質問3

起業の構想を持っているが、あき家やあき店舗の探し方がわからない。

回答3

まず、建築住宅課住宅政策係へご相談ください。

関連リンク

地図情報

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
建築住宅課

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか