地域で活動する人の学びを支援します!

平成27年4月に「泉大津市参画と協働の推進に関する条例」が施行されたことを受けて、地域で活躍する人材を育成することを目的とした研修などに参加する人を支援するため、市がその費用の一部を補助します。

すでに活動をしている、または、これから活動しようと考えている個人、団体が対象となります。

制度の概要は次のとおりです。なお、事前に申請が必要となりますので、ご注意ください。

 

※受講できる全国で実施されている研修・視察の一覧を作成しましたので、お役立てください。

受講できる全国研修事例のご紹介

制度の概要

制度の概要
補助対象者

1.次のすべてに該当する市民活動団体 

  • 非営利で公益を目的として活動を行っている団体又は公益活動を始めようとしている団体 
  • 団体の運営に関する規約、会則、定款その他の定めがある団体
  • 3人以上の者で構成される団体で、その構成員の2分の1以上の者が本市内に住所を有し、本市内の事務所若しくは事業所に勤務し、又は本市内の学校に在学している者である団体

2.研修等で学んだことを生かし、市民公益活動団体の設立や市民公益活動に参加する者

補助対象となる研修

今後の市民活動、地域課題の解決に向けた新たな活動展開が期待される研修または地域活動を先導するリーダーとしての活躍が期待される研修で、市が認めるものとします。ただし、次に掲げる研修は対象外とします。

  • 政治活動、宗教活動又は営利活動に関する研修
  • 利益追求を目的とした資格取得のための研修
  • 受講者個人のみが利益を受けることが想定され、所属する市民活動団体の活動への反映が直接的に期待できない研修
  • 市から他に補助や助成を受けて受講する研修
補助対象経費 

 1.受講料及びテキスト代
 2.交通費及び宿泊費等の旅費

補助金の額
  1. 補助対象経費の3分の2以内の額で、1人当たり3万円を限度とします。
  2. 同一の団体に対する補助は、1年度につき1回とし、2人までとします。
  3. 同一の者に対する補助は、1年度につき1回限りとします。
その他
  1. 研修終了後30日以内に報告書を提出してください。
  2. 補助を受けた団体及び個人は、市が実施する市民参画手続き及び市民協働に関する事業に積極的に参加するようにしてください。

 

申請書等


 


 


 

関連リンク

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。
お問い合わせ
人権市民協働課